歯磨きの仕方と歯磨き粉

歯の定期検診や虫歯の治療の際に、歯磨きの仕方を歯医者さんから教えてもらったことのある人が殆どでしょう。その際には、歯に対して45度の角度に歯ブラシを動かす「バス法」、歯に対して歯ブラシを直角にあてて小刻みに動かす「スクラビング法」のどちらかを主に習います。 しかしこれら方法は、歯並びがよい人に対する歯磨きとしては有効ですが、人の歯並びは千差万別で、この2種類の方法が必ずしもよい磨き方とはいえないのが現実です。 自分の歯並びをよく知った上で、磨きやすい角度に歯ブラシを調整してあげるのが、意外にも一番の方法です。歯にフィットしやすいサイズの歯ブラシ選びも重要になります。 歯磨きの際につける歯磨き粉は、虫歯予防効果のあるフッ素が配合されたものを選びましょう。また、泡立ちのよい歯磨き粉よりも、低発泡性タイプのものを使用した方が、爽快感がない分長時間磨け、さらにしっかり磨けているか確認しやすいというメリットがあります。