自然な白さがポイント

欧米諸国にくらべて日本人の歯に対する美意識は遅れをとっているといわれてきました。しかしながら現代においては日本においても美しい歯が与える印象の違いは大きく注目されており、芸能人や著名人はもちろん、一般の人たちの間でもホワイトニングや審美歯科への注目が高まっています。 ですがここで注意したいのは、歯は白ければ白いほど良い、というものではないということです。ごくまれにテレビを見ていると『白すぎる歯』の持ち主に対して違和感を感じることがないでしょうか。いわゆる真っ白な歯、透明感がない歯がこれにあたり、いかにも不自然でとってつけたような印象があります。このことからわかるように、美しい歯とは白さの加減もさることながら透明感がポイントになってきます。 もともと人間の美しい歯にはいくつかのタイプがあります。クリームがかった白、アイボリーがかった白、青みのある白などです。さらに天然歯にはそれ本来の透明感が加わります。こういった特徴を無視してしまうと、不自然な白い歯、いかにも陶器の偽物をつけたような印象となってしまい、口元だけがかえって悪目立ちしてしまうのです。 また天然の歯の場合、どの歯も同じ色というわけではありません。一般的には犬歯の部分は他の歯よりもワントーン濃い色です。こういった特徴もふまえておくと、より自然な口元とはどのようなものなのかが分かるのではないでしょうか。 健康で綺麗な歯はすべての人の望むところですが、歯の色そのものは生まれつきの部分もあり、誰もが自然で美しい白い歯を得られるわけではありません。だからこそ自分なりの白さを求めてホワイトニングやラミネートべニアに注目があるまっているのです。とはいっても行き過ぎた白い歯はかえって違和感を生んでしまいます。美しさの最大のポイントは、いかに自然であるかということだということを忘れないようにしましょう。口をあけたときのトータルバランスも重要です。

不自然さは逆効果

誰でも、笑った時に見える歯が恥ずかしくないよう歯は綺麗でいたいものですね。特にタバコを吸う方や、お茶やコーヒーなどを・・・続きは『詳細ページリスト』から