健康的に見えるだけでなく

人の歯は白いほうがより健康的に見えますし、他人からも好まれる傾向にあります。また、人前によく出る芸能人は白い歯の人が多く、清潔感があって印象も良いでしょう。しかし、実は本当に健康的なのは、白い歯ではなく黄色い方なのです。まず、歯の表面はエナメル質という硬い組織で覆われており、その下には象牙質という黄色い組織があります。そして、エナメル質を通してこの象牙質が透き通って見えることにより、黄ばんでいるように見えてしまうのです。エナメル質の透明度は、血液から取り入れたカルシウム塩の石灰化によって異なっており、石灰化が高くなると白くなり、あまり丈夫な歯ではなくなってしまいます。しかし、タバコや歯垢によってもエナメル質が黄色くなってしまうため、必ずしも黄色い方が健康的な歯であるとは言えません。また、黄色く見えて汚いからといって歯を磨きすぎると、エナメル質が削れて薄くなってしまうので注意しましょう。見た目は黄色いまま組織だけが脆くなってしまうため、見栄えを良くするために白い歯にしたいと考えている場合、ホワイトニングなどの治療を受けるのがオススメです。最近では、歯のホワイトニング治療を受けるために歯科医院を利用する人が増えてきました。白い歯は健康的で魅力的に見えるのですが、歯の色にコンプレックスを持っている人も多いでしょう。ホワイトニング治療は白い歯に憧れているという人はもちろん、歯の色にコンプレックスを持っている人にもオススメであり、歯への負担はほとんどありません。治療の方法はまず、歯の表面を削らないで特殊な薬剤を歯の表面に塗布することになるのですが、歯のエナメル質や象牙質に入り込んだ色素を分解することにより、白く美しい見た目の理想的な歯を実現することができます。歯を白く健康的に見せるためにホワイトニングなどの治療を受けたいという場合、インターネットで歯科医院を検索してみるのがオススメです。

歯の健康は他にもいいこと

芸能人のように白くて透明感がある綺麗な歯に憧れる人は多いです。最近ではホワイトニングをする人も増加していて・・・続きは『詳細ページリスト』から